過払い金の請求ってまだできるの?

過払い金の請求というのは、最近でもテレビコマーシャルや駅の広告などで目にしたりするかと思います。

なぜか分かりませんが、今では過払い金の請求ができないと勘違いしている人もいるので、説明しておきたいと思います。

まず、なぜ「過払い金の請求はもうできない」と思っている人がいるのかということですが、それには、過払い金を請求する方法をしる必要があります。

そもそも債権者は、お金を貸すときの金利は、法律で利率の上限がが決まっているんですね。

ただ、ややこしいのは、その法律が2つあるということです。

一つが利息制限法、そしてもう一つが出資法というものです。
続きを読む

債務整理は絶対に弁護士に相談すべし

債務整理に関しては、弁護士に相談するのが一番です。

債務整理という方法自体が主流になってきた頃、債務整理ができる対象者というのが世の中にたくさんいて、その人達が一気に弁護士事務所とか法律事務所に駆け込んだんですね。

なので、今でもほとんどの弁護士事務所で債務整理を扱っているはずです。

しかも、債務整理の場合には、法律を根拠に利息を計算したり、あるいは借金の減額をけいさんしたりするため、基本的にはどの弁護士に任せても大丈夫です。

同じ額を取り戻してくれます。
続きを読む

債務整理にもいろいろな選択肢があるんですよ

債務整理と一口に言っても、その選択肢にはいろいろなものがあります。

その前に、債務整理自体についてあまり詳しい知識を持っていない人もいると思いますので、簡単に説明しておきます。

債務整理というのは、借金を法的に整理して、減額したり、帳消しにしたりすることです。

ポイントなのは「法的に」という部分で、この債務整理は日本という国の法律に則った制度なんですね。

これを逆に発想してみると、「不法(あるいはグレー)な金利を支払い続けている債務者も多い」ということにもなります。
続きを読む

任意整理を弁護士に依頼する理由って?

任意整理というのは、裁判所を介さずに、直接的な交渉をすることで借金の減額ないしは、借金の帳消しを行うということです。

任意整理の性質上、払い過ぎた金利分を返還請求するというものなので、基本的には減額になることのほうが圧倒的に多いですね。

たまに、長期的に借り入れがあり、しかも高金利であった場合には、相殺されて完璧に借金がなくなるということもあります。

それで、実はこの任意整理は、法律的には弁護士などを挟む必要はありません。

個人が直接、金融業者などに出向いて和解交渉を行うということも法律的にはOKなんですね。
続きを読む

債務整理する人が借金をしてしまった理由

債務整理などを行う人が、一体どういった理由でそこまでの借金を抱えてしまうようになったのかということについて、少し興味があったので、調べてみると、本当に様々な理由があるみたいですね。

たとえば、これが一番だらしないものだと思うんですが、よくあるギャンブルとかで借金がかさんでしまうパターンですね。

パチンコとか競馬とかでスリ続けてしまって、どこかで一発逆転を狙っているうちに、借金が膨れ上がってしまうというケースですね。

それに関しては自業自得な部分もあると思いますし、それが債務整理によってきちんと減額されるのであれば、むしろ感謝しないといけないくらいです。
続きを読む

債務整理イコール自己破産ではない

債務整理をすることは、すなわち自己破産をすることだと勘違いしている人も多いですが、弁護士や法律事務所に相談することを通して、債務整理には色々な方法があるんだということに気付いたりするみたいです。

実際には、自己破産って最終的な手段の一つに過ぎないですからね。

しかも、一般的なイメージでの自己破産というのは、「人生が終わった」的な発送をする人も多いですが、実際にはそうではなくて、法律が保証している制度なので、そこから人生を再建することも可能です。

というか、人生を再建するための法制度ですからね。
続きを読む

自己破産 デメリット